企業理念

オリオン・ラドセーフメディカルは、
放射線領域で培った確固たる技術・ノウハウ・提案力を活かし、顧客の課題解決を果たして参ります。

社長挨拶

 オリオン電機株式会社とラドセーフテクニカルサービス株式会社は、2018年7月1日に合併し、「オリオン・ラドセーフメディカル株式会社」が誕生しました。
皆様におかれましては、日頃より格別のお引き立てを賜り、また新会社の発足にあたり多大なご支援ご理解頂きましたこと、心より御礼申し上げます。

 前身である両社は、放射線領域を中心とした医療機器・周辺機器の製造・販売、そして放射線・放射性同位元素(RI)取扱施設における放射線安全管理に関する事業を主体として、それぞれが歩んできました。限られた領域ながらも、それぞれがお客様のご要望にお応えし、長年の歴史を築き上げて参りました。この度、放射線領域という共通項を持つ2社が合併することにより、これまで培った技術・ノウハウ・提案力を活かし、これまで以上にお客様のお役に立てる企業を創り上げて参ります。

 新会社の発足にあたり、「放射線領域のソリューションを通じ、医療の“ソムリエ”を目指す」というスローガンを掲げました。ソムリエは、ワイン専門に給仕する職業を元々指しますが、その専門性はもとより、料理との相性、提供のタイミング、顧客の好みを熟知し、更には自らワイン製造に携わる方も少なくないと聞きます。
 オリオン・ラドセーフメディカル株式会社は、このソムリエの技術力とサービス力の形を医療の領域で反映させたいと考えています。企業の規模から考えると、それは夢物語かもしれません。しかし、その夢や気概を忘れることなく、一歩ずつでもその目指す姿に近づけてまいります。
 また私どもは、医療ガス、病院設備工事、手術室関連製品をはじめ、医療全般に渡る事業を展開するエア・ウォーターという企業体の一員でもあります。この豊かなリソースの下、連携強化等を通じ、この企業体の総合力を最大限に引き出すことにも挑戦し、自らの業容の拡大に繋げてまいります。

 あらためて申し上げるまでもなく我が国の医療を取り巻く環境は、年々厳しさを増しております。一方で医療分野におけるイノベーションは日進月歩であり、医療機関や医療従事者の皆様の絶え間ないご尽力は筆舌に尽くしがたいものであります。また、お取引様との関係なくして、私どもの事業や成長は成り立ちません。私どもオリオン・ラドセーフメディカル株式会社はこの合併を千載一遇の機会と捉え、医療と健康への貢献を理念に、相乗効果を最大限に発揮すべく、自らに磨きをかけ精進を重ねる所存です。
 皆様におかれましては、一層のご愛顧賜りますよう心よりお願い申し上げます。

オリオン・ラドセーフメディカル株式会社
代表取締役 中山 将行



ページトップに戻る

Copyright © オリオン・ラドセーフメディカル株式会社 All right reserved.